TEL:0297-73-6911

お問い合わせ

資料請求

リフォーム

断熱リフォーム

断熱リフォーム

エコ断熱リフォームで古い家でも快適に!

エコ断熱リフォームで古い家でも快適に!

古くなって暑さ、寒さを防ぎきれなくなった家でも、構造さえしっかりしていれば、断熱リフォームで快適な暮らしを取り戻すことができます。 ナルシマのエコ断熱リフォームは、床から壁、天井、屋根まで、家の状態によって必要な断熱・遮熱施工を実施します。たとえば屋根には夏の直射日光を遮る遮断パネルを設置。壁は古くなったグラスウールを取り除き、スキ間を目張りしてセルロース断熱材を吹き込みます。床には断熱パネルを敷き込んで床下からの冷気の侵入を防ぎます。 もちろん、事前に断熱診断を行って家の状態を把握することから始めるので、安心です。「もう建て替えないとだめかな」とあきらめる前に、ぜひ一度ご相談ください。

冷暖房の効率を良くするエコ断熱天井リフォーム

冷暖房の効率を良くするエコ断熱天井リフォーム

家中のお部屋にエアコンを付けているのに、夏の夜は寝苦しく、冬はちっとも暖まらない。そんなときはエコ断熱天井リフォームをおすすめします。天井の断熱が不十分だと、夏なら天井裏にこもった熱気が室内にまで伝わり、冬は室内の暖気を外に逃がしてしまい、冷暖房器具の効率が悪くなります。エコ断熱天井リフォームは、天井裏に断熱材を吹き込み、いわば断熱材でフタをすることで熱の出入りを抑えるため、冷暖房器具の効きがグンと良くなります。 一度下見をして、施工は半日で済むのでとても簡単。冷暖房費がかかりすぎる、と思ったらぜひご検討ください。

結露やシロアリから土台を守る基礎断熱リフォーム

結露やシロアリから土台を守る基礎断熱リフォーム

基礎の断熱が不十分だと、床下から冷気が侵入して足元が冷たい、室内がなかなか暖まらないなど、冬の暖房効率が悪くなります。さらに床下に結露が起こりやすくなり、カビの発生、土台の腐れやシロアリの発生にもつながります。土台の傷みやシロアリは耐震性能を劣化させ、カビの発生は健康にも良くありません。 基礎の断熱リフォームは、内側にウレタン断熱材をスキ間なく吹き付けるため、冷気や湿気、シロアリの侵入も防ぎます。経年劣化がほとんどないため、一度施工しておけば快適さが永く保たれ、安心です。

冬の朝、窓が結露する家は、内窓の追加リフォームを!

窓はお部屋を明るくしてくれる一方、断熱性能が低いという弱点があります。一般的に使われているガラス1枚のアルミサッシ熱を伝えやすく、冬は窓の側が冷えるということになります。そこでおすすめしたいのが、内窓の追加リフォーム。この内窓は二重ガラスのプラスチックサッシを採用し断熱性に優れているため、現状の窓枠に追加することで熱の出入りをシャットダウンします。施工後の効果は上のサーモグラフィによる比較を見れば一目瞭然。室内側から窓額縁にはめ込むように施工するので、大規模な工事が必要ないのもメリットです。内窓を追加すれば窓際が寒いとか、冬の朝は窓が結露でびしょびしょ、という悩みから開放されますよ。