TEL:0297-73-6911

お申し込み・お問い合わせ

資料請求

ブログ

2020.7.22

湿度の低い森

voice photo

靴下を脱いで、はだしで無垢の床に触れてもまったくベタベタしません。
以前フローリングの床の家に住んでいたころは、梅雨の時期は床の感触で、外に雨が降り始めたかどうか分かるほどでした。
今はいい意味で、床から季節を感じなくなりました。
            *
我が家は住み始めて1年半ですが、まだまだ外から帰って来ると部屋の木の香りにほっとします。
お友達が遊びに来たときも、玄関を入ってまず驚かれるのが、
「すごい木の香りがする~!!」という言葉です。
換気システムのおかげか、直前までお料理を作っていても木の匂いを感じてもらえるほどのようです。
            *
◆Photo→写真は建てたばかりのときの写真なので靴下履いてますが、今は真冬でも裸足です。

voice photo

森と言えば、昨年の9月に外構工事で植えてもらった植栽。
人間にとっては、じめじめうっとうしい雨ですが、植物は嬉しそうで、雫を浴びるたびに若葉がぐんぐん育っています。
北側につけた大きな窓から、元気な葉っぱたちが見えるので、それも森っぽさをプラスしているのかも。
            *
部屋でゴロゴロしているだけで、森林浴気分が味わえるなんて贅沢すぎやしませんか。
虫に刺される心配もないしね。
            *
◆Photo→なのちゃん工作中。お外は1時間80mmの雨が降ってます泣
            *
そろそろFINE PLACE8月号がみなさんのお手元に届くころでしょうか。
今月号はお庭の特集で、植栽の話などもあり私も読者のひとりとして興味深く読みました。
たのしみにしていてくださいね!

戻る