TEL:0297-73-6911

お問い合わせ

資料請求

ナルシマの家

高性能サッシを「視認」「採光」「通風」を考えて設計

高性能サッシを「視認」「採光」「通風」を考えて設計

ナルシマの家は「おひさま」の方を向いた「ひまわりの家づくり」。冬には多くの日差しを取り込み、部屋をポカポカに。夏は軒の出や庇による設計、庭の植栽等により日射を遮蔽しています。 そして、高断熱・高性能な窓の採用により熱の出入りを防いでいます。家の中で一番熱が逃げてゆくのが開口部。それだけに窓の性能はとても重要なのです。大きな開口の窓を使用できるのは、それだけ断熱性能が高いから。暑さ、寒さが厳しい時には窓を閉め熱の出入りを防ぎ、気持ちいい気候、の時は思い切って窓を開けて過ごしたり。窓から見える庭の緑を見て癒されたりするのも気持ちの良いものです。 窓は、「採光性」「通風性」「視認性」を考えた設計を同時に行います。

窓の性能が家の寿命と健康を左右する

窓の性能が家の寿命と健康を左右する

高断熱サッシにも種類があります。アルミのサッシ、アルミと樹脂の複合サッシ、オール樹脂サッシ、木製サッシ。ガラスも複層、トリプル、LOW-Eガラスやアルゴン入りガラス等々。断熱性能の低い窓では、窓枠やガラス部分に結露が生じ、家の寿命や住まう方の健康に害を及ぼす可能性もあります。ナルシマでは、省エネ建材等級4つ星の子性能な窓を採用しています。

窓の種類、カタチや大きさは、様々な要素から決定する

窓の種類、カタチや大きさは、様々な要素から決定する

窓のカタチや開き方も多くの種類があり、基本はプランと目的に合わせ選んでゆきます。 例えば、「リビングの大窓を開けて、ウッドデッキをアウトドアリビングとして広々と使いたい」、「中庭の緑を楽しんだり、天気の良い日に見える富士山が額縁に入っているような窓にしたり景色を楽しみたい」、「バスルームや洗面室、トイレに窓で明るくしたい」、「1階の床面と2階の窓を開けて自然の風が流れるようにしたい」等々の要望に合わせて選ぶ場合。 「大きな窓で明るい家にしたいけど、外からのプライバシーは保っていたい」、「隣の家の窓がすぐ近くにあるので、この位置にはつけないでおこう」等のまわりの環境によって判断する場合もあります。 「お気入りのチェストを置きたいから窓ではなく壁にしたい」、「窓下のデスクの上にブックスタンドと棚を置きたい」等の理由から窓の位置、高さが決まる場合もあります。 このように窓は、周辺環境や暮らし方、室内の家具の配置、庭を含む外構の有無等、様々な要素により決定してゆくものです。法律による制限もありますので、ナルシマがすべてを鑑みご提案差し上げます。