TEL:0297-73-6911

お問い合わせ

資料請求

ナルシマの家

デッキ

日常的に自然と触れ合える家

日常的に自然と触れ合える家

心に安らぎを与えてくれる植物の緑や香り。 庭に居心地の良いデッキを作れば、いつでも気軽にガーデンライフを体感でき、そんな自然の恩恵にあずかることができます。休日にバーベキューをしたり、平日の夜にはプライベートなビアガーデンにも。昼間は子どもたちの元気な声が響き、夜はしっとりとした大人のくつろぎタイム…暮らしのスタイルがグッと広がります。 照明を工夫したり、外部からの視線を上手く遮り、「もう一つのリビング」としてデッキを有効活用してみましょう。

庭を居室からひとつながりの空間として愉しむ

庭を居室からひとつながりの空間として愉しむ

大きな窓に面してデッキを作り、フラットにつなげれば、文字通りひとつながりの空間となります。アウトドアリビングという考え方です。 居室側からも外の景色を大きく見ることによって部屋をより広く感じられます。庭のデッキは、床面積に入らないので、安価に生活空間を広げられる重宝な手段とも考えられます。 子どもの成長や、家族構成の変化とともに、ガーデンファニチャーを入れ替えるなどして空間構成を変えてみたり、樹木の生長などの変化も楽しみ、家と同じように永く愛着を持てる空間に。

ライフスタイルに合わせてさまざまなデッキから選ぶ

ライフスタイルに合わせてさまざまなデッキから選ぶ

ポピュラーなウッドデッキ、家の中央に位置する中庭的なパティオ、昔ながらの縁側に近いシンプルなデッキ、高い視点からの景色も楽しめるバルコニーなどなど。 照明の他、仕切りとなる塀や柵、屋根のデザインによってもいろいろな個性を演出できます。トレリスやパーゴラなど、植物をあしらって光を透過する素材を使うのも一向です。