TEL:0297-73-6911

お問い合わせ

資料請求

ナルシマの家

照明

暮らしを演出することができる照明

暮らしを演出することができる照明

古くから日本家屋では、自然光を上手に利用してきました。 太陽光を、障子を通すことで間接光としたり、庭石に反射させて拡散光としたりすることにより、日本人好みの柔らかな光に変え、穏やかな安らぎをもたらすなど、心理状況にも作用が及びます。 現代では一般的に家で過ごす時間が夜であることも多いことを考えると、陽が沈んで暗くなってからの照明による室内の見せ方は心豊かに暮らすためにとても重要になります。

個々の空間をセンスアップしながら優しく包み込む光

個々の空間をセンスアップしながら優しく包み込む光

床材などに自然素材を多く使用した場合、とくに照明の当て方によって、さらに豊かに空間を演出することができます。 また、部屋別に適した照明を用いることも重要です。 家族みんなでリラックスして会話を楽しむリビングでは暖色系の照明を。子どもの勉強の場や日常の作業の場にもなるダイニングテーブルには暖かさに加えて明るさも必要になります。 玄関や階段ではすぐに照度が出るLEDで、また玄関には、訪れた人に好印象を与えるライトアップ用の照明も欲しいところです。 照明器具もダウンライト、スポットライト、シーリングライト、ペンダントライトや、足元から照らすフットライトなど、多様な中から最適なものを選ぶとよいでしょう。 ナルシマでは、インテリアアテンダントがさまざまな照明プランをご提案し、心地よい明るさを見つけるお手伝いをさせていただきます。

いろいろな光源の特徴を把握して活用

いろいろな光源の特徴を把握して活用

同じ照明器具でも光源が違えば、色味や暖かみ、価格や寿命が変わってきます。最近ではLEDが一般的に普及してきましたが、それぞれの特徴をつかんで上手に活用しましょう。 「LED」は従来の蛍光灯に比べて長寿命なことは広く知られています。衝撃に強く、ランニングコストが安いことも特徴です。 「蛍光灯」は太陽光に近い色味のため、細かい作業などに適しています。点滅を繰り返すと寿命が短くなるので、そのような場所には不向きといえます。 「白熱灯」は暖かい炎のような色味からリラックスしたい空間に向きますが、短寿命で、熱くなりやすいというネガティブな特徴から、住宅に用いられる機会はなくなりつつあります。